楽曲分析

BTS「Butter」の楽曲分析をしてみる

こんにちは、よしたくです。

ホームページで楽曲制作やその依頼についてまとめて書いていたんですが、どうもラフなコラムを書くには堅苦しくなってしまったので、昔使っていたブログを復活させました。どうぞよろしくお願いします。

さて、先日(と言っても結構経ちましたが)思いつきでこのようなツイートをしました。

「僕の強みを生かしつつ、皆さんに還元できる何か」を考えたところ、とりあえず楽曲分析が思い浮かんだので、皆さんの知り合いに「この曲ってこうなんだよ〜」って(ドヤ顔で)話せるような内容にまとめてみようかと思いました。

ただ、あまり専門的すぎると「あ〜私は音楽分からないので〜」ってなると思うので、要点だけ覚えていられるような内容にまとめます。

それと、僕は単なる作曲家なので専門の範囲内でのみお話しすることにします。

投票の結果、なんと100%の方が僕の分析に興味を持ってくれているようです、ありがとうございます、早速分析を進めましょう。

曲について

この曲は前作「Dynamite」に続いて2作目の英語詞の曲みたいですね。低音がブンブン出ていて、効果音的な音もたくさんあり、ただ聴くだけでも楽しくノリがいい曲です。

キー:♭4つ(A♭またはFm)
コード進行:楽器.me(キー±0) U-フレット(キー-1)
その他:Wikipedia

①歌い出しからの「ブルー」な感じ

この曲の歌い出しは”Smooth like butter”という歌詞になっていますが、“Smooth”の音の高さはG♭になっています。

楽譜を掲載するのは著作権的にまずいので、それっぽい音列を書いた五線譜を用意してみました。

♭が付いている音はブルーノートと呼ばれ、ブルースでよく使われる音です。ポップスで使うのは少し難しいのですが、良い意味で期待を裏切られる音です。

ちなみに、ブルーノートはAメロにのみ出てきて、Bメロでは(おそらく意図的に)出てきていません。サビでは普通のGに戻っています。

②「Dynamite」のサビとメロディーが同じ形

サビの“Side step”からの部分ですが、実は”Dynamite”のサビと同じ形になっています。音列を書いた五線譜を用意したので、適当にリズムを付けて演奏してみると分かるかもしれません。

「ドシラソファミ」と下がる部分が完全に一致しています。ただこれは単なる偶然(だと思うの)で、正しく表現するなら「間の音を飛ばすことなく、6つの音が並んでいる」という部分が同じです。

サビの最初が一番高い音でその後は下がるだけというのは、「童謡かな?」って思うくらい簡単な作りですが、世界的に良いと思ってもらう曲はこのくらい単純な作りの方がいいと思います。覚えやすくて歌いやすいですしね。

まとめ

他にも音域が狭いとか、コード進行が単純だとか細かく説明できる部分はあるのでうが、この記事では省略したいと思います。興味がある人は個別に質問してください。

大きく流行る曲にはそのための理由が必ず組み込まれており、それを詳らかにするのはとても面白いです。とはいえ、それが分かったからと言って流行る曲を作れるわけではないのが音楽の難しいところですね。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する