クラシック

楽譜を”楽に、素早く”読めるようになるコツをお教えします

こんにちは、よしたく先生です。

突然ですが、皆さんは楽譜を読むのは得意ですか?

自信を持ってはいと言える方はあまり多くないのかもしれません。というのも、私のところにも「楽譜をスムーズに読めなくて、楽器の練習が進まない」と相談に来る人が少なくないからです。

私は作曲家なので日頃から読み書きの訓練はしていますが、楽器を練習するにあたって楽譜の読み方だけを練習することはあまり多くないと思います。

しかし上達すれば、初見の演奏はもちろん、練習をしてこなかったことを(場合によっては)ごまかすこともできるようになるでしょう。

そこで今回は、楽譜を楽に、素早く読むコツについてお話ししようと思います。

その① 五線上の音の高さを覚える

これは出来ている方が多いと思いますが、念のため書いておきます。

楽譜はドの音を基準にして読むことが多いと思うので、他の6つの音、オクターブ違いの音、臨時記号をつけた音をまずはしっかり覚えます。

そして、それを素早く答えられるようにしましょう。

私たちがひらがなやカタカナを読む時に、ものすごく苦労しながら読むということはもう無いと思います。

1音1音を正しく覚えて初めて、自由に本を読んだり、文字を読み上げたりすることができるようになるわけです。

楽器の演奏も同じで、まずは五線上の音の高さをしっかり覚える必要があります。

単語帳に音符とドレミを書いてもいいでしょうし、楽譜を読みながら音名を歌うのもいいと思います。

アプリなどでも訓練するためのものが多く出ているので、やりやすい方法で習得してみてください。

その② 音符同士の距離を読む

例えば音符が垂直方向に重なっているときに、2度上の音(ドから見たレ)はずれて重なり、3度上の音(ドから見たミ)はぴったり隣り合うように重なります。

このように音符同士の距離を読んで、形で把握していくのです

1,3,5,7度の場合、どちらの音符も線と線、もしくは間(かん:線と線の間)と間に位置しています。

2,4,6,8度の場合、音符はそれぞれ線か間に位置しています。

これはどの音部記号でも、どの高さでも同じです。音符が垂直方向にどのくらい離れているかで、瞬時に音の高さを読めるようにしましょう。

これは水平方向についても応用できます。横に離れていてみにくいですが、どのくらい離れているかを見て、形で把握するようにしましょう。

その③ 音形で覚える

ここからはバッハの無伴奏チェロ組曲第1番を例にしてみたいと思います。楽譜はimslpからダウンロードできます(下の楽譜は#12165とあるバージョンです)。

まずは第1小節、1,2拍と3,4拍を見比べると全く同じ形なので、後半は読む必要はありません。

最初の音はです。次の音は線の上にあり、線1本分だけ離れています。なので5度の距離、だと分かります。

この距離について分からない場合は度数について勉強するといいのですが、そうでなくても階段を1段抜かし、2段抜かしで登る時の足の幅の感覚のようなものを持つと分かるようになってくると思います。

その次は線からずれており、線2本分だけ離れているので6度、の音です。次の音は隣り合っている音なのでの音です。

2拍目は1拍目の音をそのまま水平に移動させるとぴったり重なるので、シレシレと動いていることが分かります。

続いて第2小節も見てみましょう。こちらも1,2拍と3,4拍が全く同じです。

小節の最初の音はのままですが、それ以降の音が少し上に上がっています。

音形は全く変わらず、全ての音が2度上に移動しているので、ミドシドミドミとなります。

このように同じところは極力省略して読まない似たところは前の音形から推測するというのを徹底していくと楽譜が楽に、素早く読めるようになってくるはずです。

慣れてくれば始点の音だけを見て、次の音が線にあるか間にあるか、どのくらい離れているかで音符を読み進めていくことができるようになりますし、大きく離れた音や複雑な和音も一瞬で把握することができるようになります。

おまけ 音楽理論を習得する

クラシック音楽の理論として有名な和声と対位法を習得すると、次の和音や旋律の音を予測できることがあります。

形式学を学べば曲全体の形式をすぐに理解して、同じところは読まないという判断をよりスムーズにできるようになるでしょう。

楽曲分析をひたすらこなして、その曲の特徴を瞬時に捉えられるようになるのもいいかもしれません。

まずはとにかく訓練してみてください。piyotaku3@gmail.comにメールを頂ければレッスンなども行えます。