クラシック

『ドイツ音名』とは何か

こんにちは、よしたく先生です。

日頃私たちが言っているドレミファソラシイタリア音名なんですが、吹奏楽やオーケストラなど、実際に楽器を演奏する場所ではドイツ音名を使うことがあります。

これは知らないと何のことだか全く分からなくなるので、簡単に説明をしてみたいと思います。

ドイツ音名とは?

合奏に参加したことがある方は『クラリネットのベーが少し低いかな』『この曲はアードゥアだから…』と言った、よく分からないカタカナ語を聞いたことがあると思います。

これらはドイツ語のアルファベットに沿ったドイツ音名です。ドレミファソラシは次のようになります。

C(ツェー)、D(デー)、E(エー)、F(エフ)、G(ゲー)、A(アー)、H(ハー)

この7種類です。エーとアーが紛らわしいのと、Gの次がA、Hであることに注意してください。

これらの音にシャープが付くとそれぞれのアルファベットの最後に-isがつく形に変化します。

Cis(チス)、Dis(ディス)、Eis(エイス)、Fis(フィス)、Gis(ギス)、Ais(アイス)、His(ヒス)

また、フラットがつくとそれぞれのアルファベットの最後に-esがつく形に変化します。

Ces(ツェス)、Des(デス)、Es(エス)、Fes(フェス)、Ges(ゲス)、As(アス)、B(ベー)

ただし、最後のBはHes(ヘス)とは言いません。

最初に書いた『クラリネットのベーが少し低いかな』というのはイタリア音名で言い直すならシ♭が低いということです。

『この曲はアードゥアだから…』の方は、ドゥアというのがドイツ語で長調なので、イ長調ということになります。

なぜドイツ音名を使うのか

単にカッコいい、それっぽいなという感じもしますが、たいへん実用的な面があります。

吹奏楽やオーケストラには移調楽器と呼ばれる、運指と出る音が異なる楽器があります。

簡単に言うと、カラオケのキーのようなものが最初から上がっていたり下がっていたりしている状態だと考えてください。

それらの楽器は楽譜に書かれた音(=記譜音)と出てくる音(=実音)が異なります。

例えばクラリネットにはB管(楽譜には”in B“と書かれます)という種類がありますが、この楽器は記譜音の全音下の音が鳴ります。

これを分かりやすく説明するために記譜音はイタリア音名、実音はドイツ音名で言うことがあるんです。

例えばB管の楽器で記譜音がドなら、実音はBです。記譜音がミなら、実音はDです。

これを合奏では口頭で説明しないといけないので、そのためにイタリア音名だけではなく、ドイツ音名を使うと言うことです。

おまけ

弦楽器や鍵盤楽器、移調楽器ではない管楽器では記譜音と実音が一致するので、イタリア音名でもドイツ音名でもいいのですが、混乱を避けるためにドイツ音名が使われます。

また、ダブルシャープは-isis、ダブルフラットは-esesが付く形に変化します。シ♭♭のみ、HesesやBB、Besなどの言い方があります。